コーヒーカスは消臭剤として再利用しよう

ドリップコーヒーを使ったあとに出る、でがらしのコーヒーカスは捨ててしまう方も多いと思いますが、このコーヒーカス、実は消臭と調湿の効果があることをご存じですか?

焙煎されているコーヒー豆は表面が炭状になっており、湿気や臭いを吸収する効果があるんです。
炭の臭い取り材等はすでに市販されていますが、コーヒーカスでも同様の効果が得られるわけですから、よりお手軽ですね。

作り方はいたって簡単です。

コーヒーカスをよーく乾燥させます。風通しのよいところのほうがより早く乾燥するのですが、飛散するのを防ぐためにキッチンペーパー等で包んで乾燥させます。

ペーパーに包んで冷蔵庫や靴箱の片隅に置き脱臭材として利用したり、灰皿にのせておけば、火消しと消臭剤としても利用できます。
汚れてきたら、そのまま捨てられるので、おしみなく利用できますね。

是非、試してみてください。

DSC02414

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる