デリケートな衣類の平干し置き場の作り方

2019年4月5日洗濯

スポンサーリンク

ニットやウールなどのデリケートな衣類

最近はクリーニング店に出さず、自宅で洗濯する人も増えているようです。
しかし、いくら洗濯を丁寧に行っても、その後の干し方がなっていないと、大切な衣類の寿命を縮めてしまいます。

ホームクリーニングを行ったら、洗濯表示をよく確認しながら正しい方法で干しましょう。

デリケートな衣類の洗濯表示にありがちな、以下の図のような平干しのマーク

03_2

これは、ハンガー等に吊り下げず、“平らな場所において乾かしましょう”という意味です。

でも、どうやって??

と悩むことありませんか?

専用のアイテムも販売されていますが、お風呂の風呂フタで代用できます。

広めの庭やバルコニーがあればそのまま敷いて上に衣類を広げてのせればいいのですが、スペースがなければバルコニーに斜めがけしたり、平行に渡した物干しざおに括ったりすることで簡易スペースを作ることができます。

542619

風呂フタは蛇腹タイプのものが水切りもできるのでおススメです。

ちなみに、図のようなマークは陰干しで平干しという意味なので、風通しのよい浴室で干しても問題ありません。

04_1

大切な衣類、干し方も工夫して、大事に長ーく使いたいですね。

スポンサーリンク

洗濯

Posted by urawaza