洗濯槽の掃除をしてみよう

2019年4月5日洗濯

スポンサーリンク

洗濯機は毎日使うけど、洗濯槽の掃除はしたことがないという人も多いんではないでしょうか?

洗濯機を覗いても綺麗だし…と油断して掃除せずにいると、洗濯層の裏側に黒カビがびっしりなんてこともあります。
洗い終わった洗濯物に、黒っぽいものゴミのようなものが付着していたら間違いなく裏側に汚れがあります。

そんな時は、酸素系の漂白剤でしっかりお掃除しましょう。
ポイントは塩素系ではなく、酸素系の漂白剤を使用することです。

s

まず、用意するものは、

酸素系漂白剤(お湯10ℓあたり、100g)
ごみ取り用ネット
ゴミ袋

です。

次に、お湯で溶かした漂白剤を洗濯槽に貯めます。
お風呂の残り湯がお勧めです。

縦型のものなら、水位いっぱいまで貯めます。
洗いコースで3~5分程度まわします。
そのまま、一晩置いておきます。
翌日汚れが浮いてきたらネットですくいます。
最後に、もう一度、標準の洗濯コースで普通に回します。

ドラム型の場合は、洗濯槽の清掃コースが標準でついていることがほとんどです。
もしない場合は、ドアを開けられる水位に注意して縦型洗濯機と同様にお掃除しましょう。

目安は、

毎日洗濯する場合は月1回くらい
数日に1回の程度なら3ヶ月毎

にお掃除するのがよいと思います。
綺麗な洗濯機で洗った洋服はとっても気持ちよく着られますよ。

ちなみに、これは5年間使った洗濯槽を掃除した様子です。

スポンサーリンク